交通事故豆知識ブログ

福岡市城南区 南区 交通事故治療 知っていましたか?自転車は車両の仲間ってことを

2018年02月7日

こんにちは。

福岡市城南区・南区で交通事故治療・むち打ち治療を行っている

養命堂整骨院です。

 

今、日本では、若者の車離れが、ありますよね?

車は、金額も高いですし、維持するのもとても大変です。

通勤・通学を自転車を使っている方が増えたのではないでしょうか?

 

最近、自転車漫画やポタリングと言って長い距離を走ったり街を自転車で散歩するなど

自転車に乗る人が増えています。

政府が調査した「日本に置ける自転車の世帯普及率は、すでに80年代には、8割に達して

います。」今では、軽量で高級なロードバイクや電動自転車などが人気がありよく街中でも見かけることがあります。

道路を通る際、自動車はもちろん、歩行者や自転車は「道路交通法」に

従わなければなりません。

自動車を運転するには、免許が必要で自動車学校に通い試験に合格してから出ないと運転ができません。

自転車は、免許はなく気軽に乗ることができるものです。

しかし自転車も道路交通法では、車両の一種「軽車両」となります。

車両は4種類に分類

・自動車

・原動機付き自転車

・軽車両

・トロリーバス

自転車にも交通ルールがあり今は、小学校など交通ルールを学ぶ機会があります。

しかし、自転車のルールを守って走行している方は少ないのが現状です。

そのため自転車事故が多く発生しています。

皆さんに問題です!!

歩道がある道路を自転車はどこを走るのか知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

正解は・・・

 

車道の左側です!!

 

自転車は軽車両になるため

自動車と同じく車道の左側を走るのが原則になります。

 

歩道がない道路を走る場合は、必ず左側の端を走ることになっています。

向かってくる自動車やバイクとぶつかる確率が高くなり事故に繋がります。

なので、車道の右側通行は絶対にやめましょう!

 

2015年6月1日から自転車の交通違反が厳罰化となりました。

取り締まりの対象は・・・・

・信号無視

・通行禁止違反

・歩行者専用道での徐行違反

・通行区分違反

・路側帯の歩行者妨害

・遮断機が下りた踏切への立ち入り

・交差点での優先道路通行車の妨害

・環状交差点での安全進行義務違反

・一時停止違反

・歩道での歩行者妨害

・ブレーキのない自転車運転

・酒酔い運転

・携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反

 

この14項目が、厳しく取り締まりされることになりました。

それでも、自転車事故は減ることはありません。

最近では、自転車事故の損害賠償が高額になっており自己破産するケースもあり

小学生の自転車事故だと保護者に賠償の責任がいくケースもあります。

 

ながら運転は危険です!!

・音楽を聴きながら

・電話をしながら

ながら運転は歩行者やベビーカーや車椅子の人達にとってとても脅威になります。

絶対にやめましょう!!

 

今日の記事は吉村でした♫

アクセス │福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

あなたを決して見放しません!事故にあった方の最後の駆け込み寺!福岡市(南区・城南区)の養命堂整骨院

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

交通事故治療の方は夜20時まで診療しています!!

福岡県福岡市南区西長住1丁目11-5 駐車場5台完備

0120548989

メールでのご相談はコチラから

当院へのアクセスの詳細はこちら

トップへもどる