交通事故豆知識ブログ

福岡市南区 むち打ち治療、交通事故治療

2017年03月17日

むち打ち治療、交通事故治療において大事な事があります。 初期の交通事故治療、むち打ち治療では、安易にマッサージや運動、体操などをしないで下さい。 何故かというと、交通事故に遭うと無理に筋肉や靭帯が伸ばされて筋肉や靭帯が広範囲又は深く傷ついたりしています。傷ついた患部は炎症を起こした状態になっているからです。 交通事故治療、むち打ち治療についてこの初期の対応を間違えると痛みや辛い症状が悪化したりします。 神経や骨に損傷を受けている事もあります。しっかりとした検査が必要になってくると思います。 まず、命に関わる又は大きな障害が残る可能性のキズがあるか?ないか?をシッカリ確認することが後遺障害を残さないためにも大事です。 検査、診断が終わったら初期の段階の交通事故治療、むち打ち治療をすることになってくるのですが病院、整形外科では、患部の安静のためのコルセット、痛み止めの注射や飲み薬、などが一般的な治療だと思います。 この時、CT、MRI、レントゲンなどでは異常なしと診断される事も少なくありません。 異常なしで痛みや痺れがない場合は問題ありませんが、異常無しで痛みや痺れがある場合も多くあり、交通事故治療、むち打ち治療において患者様を悩ませる一つ原因にもなっています。 そんな時は、骨、筋肉、靭帯のスペシャリストである整骨院にお任せ下さい。レントゲン、MRI、CT では異常無しの場合でも筋肉、靭帯に異常があるところを丁寧な触診、問診、徒手検査でしっかりと調べさせて頂きます。 また、交通事故治療、むち打ち治療を行う上で骨盤、背骨の歪みを骨盤矯正、背骨矯正を行う事で炎症期の患部を安静にしないといけない時でも、患部の安静を保ちながら歪みを整える事で患部の負担を取り除き又は軽減して痛みや辛さを改善して行きます。 交通事故治療、むち打ち治療でお悩みの方は、お気軽にご相談、ご予約下さい。 電話番号092-541-8955 記事担当 中村

バスに乗っていてむち打ち? ある患者様の場合 福岡市南区整骨院

2017年03月16日

福岡市南区で、交通事故治療・むち打ち治療・術後のリハビリをしております、養命堂整骨院です。
今回は、路線バスに乗っていて「むち打ち」になったお話しです。
事故の経緯からおはなししますね。
交差点で左折しようとしたタクシーが自転車の突然の進入で急停車したため後続のバスも急停車しました。患者さまは立って乗車していた為、急ブレーキに耐え切れず転倒して首や肩、腰などを負傷されました。
すぐに事故現場付近の整形外科に受診され 右肩打撲、頚椎捻挫、腰部打撲と診断されました。
その後、最初に受信した整形外科は通い続けるには不便だということで養命堂整骨院に転院されてきました。
最初に受診された時は、痛みもひどく、関節の動く範囲も狭くなっていました。
左の握力も極端に弱くなっており、ジャクソンテストなど徒手検査を行いました。
また、身体の後ろ、横の2方向から写真を撮り、重心線を引くことでどこに負担がかかっているかを分析しました。
その結果、頚椎捻挫からの影響と考えました。
最初に受診した整形外科では、幸いにレントゲン上での異常な所見は見られなかったので筋肉、靱帯の損傷と頚椎の歪み、骨格・骨盤の歪みを調整し治療をおこないました。
おおよそ3か月ほどで完治致しました。
公共交通機関を利用していても思わぬ事故に遭遇することもあります。
みなさん、手すりや吊革につかまるなどして十分に注意をしてくださいね。
  福岡市南区で交通事故治療が得意な養命堂整骨院です。 福岡市南区でむち打ち治療が口コミ評判な養命堂整骨院です。   記事担当 中村
1 4 5 6 7 8

アクセス │福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

あなたを決して見放しません!事故にあった方の最後の駆け込み寺!福岡市(南区・城南区)の養命堂整骨院

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

交通事故治療の方は夜20時まで診療しています!!

福岡県福岡市南区西長住1丁目11-5 駐車場5台完備

0120548989

メールでのご相談はコチラから

当院へのアクセスの詳細はこちら

トップへもどる