交通事故豆知識ブログ

福岡市南区整骨院 自転車と歩行者の交通事故治療の問題点 ②

2017年07月29日

福岡市南区で骨盤矯正、交通事故治療、むち打ち治療 を行っております、養命堂整骨院です。
  こんにちは。   前回の続きである自転車と歩行者の事故についてお話していきます。   前回分は下の文章をクリック!! 福岡市南区整骨院 自転車と歩行者の交通事故治療の問題点 ①  
4,加害者が未成年者(小学生・中学生・高校生)
自転車と歩行者の事故の場合は、自転車に乗っている人が未成年である可能性があります。 自転車は免許制度がないので、相手が18歳未満であることがあり大人より無謀な運転を することも多いので、事故が起こりやすいです。坂道をスピードを出して運転し歩行者に 後方から追突し重大な怪我を起こすことがあります。   しかし、18歳未満は、通常賠償金を支払うだけの資力はありません。この場合は、 賠償金の請求しても実際に支払いを受けることは困難です。   法律上、未成年が不法行為を起こしたとしても、当然に親権者責任を負うことにはなっていません。 法律上は、親などの監督者責任を負う場合がありますが(民法714条)それは、未成年者に 責任能力がないケースのみとなっております。   責任能力とは、自分で負うだけの能力があり、一般的に12歳程度の知能を 基準にしているそうです。   加害者が12歳以下なら、親が賠償金の支払う可能性が高いですが、それ以上の子どもの場合は 相手の親に賠償金請求をすることは困難になります。  
5,損害賠償金・示談・慰謝料・過失割合ンポ計算ができない
お互い専門知識がないため示談金や慰謝料の計算ができないという問題があります。   相手が支払いに応じてくれても具体的にいくら賠償金を支払ってもらうのかが問題です。 賠償金の計算方法は、専門的な要素もあり素人にとっては複雑で難しいと感じていることが多いです。  
今回の記事は  吉村 でした(^^♪
福岡市南区で骨盤矯正が得意な養命堂整骨院
福岡市南区でむち打ち治療が受けられる整骨院
       

福岡市南区整骨院 自転車と歩行者の交通事故治療の問題点 ①

2017年07月22日

福岡市南区で、交通事故治療・むち打ち治療・術後のリハビリをしております、養命堂整骨院です。
  今日は自転車と歩行者の事故についてです。   第二回については、下の文章をクリック!! 福岡市南区整骨院 自転車と歩行者の交通事故治療の問題点 ②   自転車と歩行者の事故の場合、後遺障害が残るほどのケースや死亡事故のケースもあります。   双方の事故ではお互い保険に加入していなかったり、問題点について解説していきます。  
1,加害者(自転車)も自分(歩行者)も保険に加入していないことが多い
自動車が相手の場合、通常相手は自動車保険に加入しています。多くの場合には任意保険に加入していますし、自賠責保険への加入は義務づけられています。   なので、自動車が相手の場合、自賠責保険からの保険金については受け取ることができ、多くのケースで、相手の任意保険会社から賠償金を受け取ることができます。   最近では、自転車事故の危険性も認識されるようになってきており、徐々に自転車保険の加入件数も増加傾向にあります。ただ、自動車と比べるとまだまだ未加入率がとても高く自転車が相手の事故は、相手が保険に加入していないことによるリスクが大きいので注意が必要です。  
2,相手に資力がない
自転車保険に加入していない人が多いので、被害者(歩行者)になった場合は、相手に直接賠償金を請求するしかないのですが、相手にお金がない場合は支払いを受けられないことになってしまいます。  
3,示談交渉ができない
自転車事故では、相手自身が重大に捉えていないことが多く、被害者が賠償金支払いを求めても無視されるケースがあります。 このような事故の場合、法律的な知識がないので、どうのようにして示談をすすめていけばいいのかわからないこともあります。 相手が自転車の場合には、示談交渉が難しくなることも多いので、注意が必要です。   続きはまた今度・・・  
今回の記事は吉村でした(^^♪
福岡市南区で交通事故治療が得意な養命堂整骨院
福岡市南区でむち打ち治療が受けられる整骨院
     

福岡市南区整骨院 夏は海!

2017年07月16日

福岡市南区で骨盤矯正、交通事故治療を行っております、養命堂整骨院です。     今日は、7月16日 日曜日です。 海の日の前日にスタッフと海&バーベキューです。 IMG_1460       帰りがけに交通事故を見かけました。 みなさん、行楽の道中にはくれぐれもお気を付けください。         今回の記事は中村でした(^^♪   福岡市南区で骨盤矯正が得意な養命堂整骨院 福岡市南区でむち打ち治療が受けられる整骨院    

福岡市南区整骨院 交通事故は 車同士やバイクだけではない!!

2017年07月15日

福岡市南区で骨盤矯正、交通事故治療を行っております、養命堂整骨院です。
    交通事故が起こるとき、自動車同士やバイクとの事故とは限りません。 自転車との事故も起こります。自転車は免許もなく誰でも自由に乗ることができ、保険も入っていない人が多いので、事故にあった時の運転者のダメージが大きくなりがちです。  
  • 基本的に立場の弱い自転車が保護されます
交通事故が発生した場合、当事者同士の過失の程度により過失割合が決まります。 過失割合とは、当事者それぞれが負担する責任の割合のこと。   自分の過失割合の分だけ損害賠償額から減らされてしまいます。 自動車対自転車になると自動車同士の事故に比べ、過失割合が修正されます。 自動車の方がスピードも出ますし車体も大きく安定性が高い。また、事故によって受ける ダメージも自転車に対して少ないです。 自動車と自転車がぶつかって。自転車の方は怪我をし、自動車の方は無傷ということもあります。  
  • 自転車特有の問題があります
自動車と自転車の事故は自転車特有の問題
  • 高齢者や児童も運転する
自転車には免許がないため小さい子どもからお年寄りまで幅広い人が運転します。 突発的な動作ができなかったり予測不能な行動をとることがあり、事故が起こりやすいです。 そこで、事故を起こすと自動車はより高い過失割合が課せられてしまいます。  
  • 自転車の特有の事故がある
自転車の場合、交差点での巻き込み事故、自動車のドアの解放時の後ろからぶつかり怪我をするなどあります。   自動車を運転される方は、自転車は予測不可能な動きをするので、交差点での巻き込み確認や一時停止などきちんと交通ルールを守り運転を楽しんでください!!  
今回の記事は吉村でした(^^♪
福岡市南区で骨盤矯正が得意な養命堂整骨院
福岡市南区でむち打ち治療が受けられる整骨院

福岡市南区整骨院 博多祇園山笠 大黒流 2017

2017年07月15日

福岡市南区で骨盤矯正、交通事故治療を行っております、養命堂整骨院です。
  今日は、博多祇園山笠に行って来ました(^^♪ 大迫力!! 博多祇園山笠 東流れ はこちらをクリック     大黒流れです!!    
今回の記事は中村でした(^^♪
福岡市南区で骨盤矯正が得意な養命堂整骨院
福岡市南区でむち打ち治療が受けられる整骨院
     

1 6 7 8 9 10 11 12 13

アクセス │福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

あなたを決して見放しません!事故にあった方の最後の駆け込み寺!福岡市(南区・城南区)の養命堂整骨院

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

交通事故治療の方は夜20時まで診療しています!!

福岡県福岡市南区西長住1丁目11-5 駐車場5台完備

0120548989

メールでのご相談はコチラから

当院へのアクセスの詳細はこちら

トップへもどる