交通事故豆知識ブログ

福岡市南区 城南区 整骨院 良性発作性頭位めまい症について

2017年08月21日

こんにちは。 福岡市南区・城南区で交通事故治療、むち打ち治療を行なっている 養命堂整骨院です。   今日は、良性発作性頭位めまい症についてお話しさせて頂きます。   良性発作性頭位めまい症とは、頭の位置が変わる事で起こる回転性のめまいです。 耳の奥にある内耳の前庭器官は頭が地面に対してどのような位置にあるかを感じるための 機能があります。 この前庭器官に異常が生じたために、頭の位置の変化を過敏に感じて起こると考えられています。 前庭器官の耳石器の上にある耳石が、本来の場所から剥がれ落ち 別の前庭器官である三半規管に付着したり浮遊していたりして頭を動かしたりした際に 三半規管に刺激するのが原因で起こります。 症状としては、何気なしに頭を動かしたり、朝起きようとして枕から頭を上げたりした後などに、急激な回転性のめまいが起こります。 めまいは長くても数十秒で無くなります。吐き気を伴うこともありますが、難聴や耳鳴りなどの聴覚の症状は起こりません。 とり急ぎ動画を載せます。    

福岡市南区 城南区 整骨院 日曜日に勉強会 二本立て!!

2017年08月20日

福岡市南区・城南区 で、交通事故治療・むち打ち治療・術後のリハビリをしております、養命堂整骨院です。
  こんにちは!!   今日は、スタッフと勉強会です! 午前は、博多駅周辺の「EMSで体をトレーニングする方法」と「良好な患者様との関係性」について学びました。   午後は、藤崎周辺で「心の講座」我々の心の中がどのような状態になっているのか また、人と人との交流について学びました。   写真は、藤崎駅周辺でご飯を食べたときのものです。 IMG_1697   IMG_1698   良い休日となったのではないでしょうか?  
今回の記事は中村でした(^^♪
福岡市南区・城南区 で交通事故治療が得意な養命堂整骨院
福岡市南区・城南区 でむち打ち治療が受けられる整骨院

福岡市南区整骨院 2017のお盆休み お知らせ

2017年08月1日

福岡市南区で骨盤矯正、交通事故治療、むち打ち治療 を行っております、養命堂整骨院です。
2017のお盆休み お知らせ   8月11日(金)山の日 8月12日(土 8月13日(日) 8月14日(火) 8月15日(水)

 

上記の5日間お休みをいただきます。 よろしくお願いいたします。
今回の記事は中村でした(^^♪
福岡市南区で骨盤矯正が得意な養命堂整骨院
福岡市南区でむち打ち治療が受けられる整骨院

福岡市南区整骨院 自転車と歩行者の交通事故治療の問題点 ②

2017年07月29日

福岡市南区で骨盤矯正、交通事故治療、むち打ち治療 を行っております、養命堂整骨院です。
  こんにちは。   前回の続きである自転車と歩行者の事故についてお話していきます。   前回分は下の文章をクリック!! 福岡市南区整骨院 自転車と歩行者の交通事故治療の問題点 ①  
4,加害者が未成年者(小学生・中学生・高校生)
自転車と歩行者の事故の場合は、自転車に乗っている人が未成年である可能性があります。 自転車は免許制度がないので、相手が18歳未満であることがあり大人より無謀な運転を することも多いので、事故が起こりやすいです。坂道をスピードを出して運転し歩行者に 後方から追突し重大な怪我を起こすことがあります。   しかし、18歳未満は、通常賠償金を支払うだけの資力はありません。この場合は、 賠償金の請求しても実際に支払いを受けることは困難です。   法律上、未成年が不法行為を起こしたとしても、当然に親権者責任を負うことにはなっていません。 法律上は、親などの監督者責任を負う場合がありますが(民法714条)それは、未成年者に 責任能力がないケースのみとなっております。   責任能力とは、自分で負うだけの能力があり、一般的に12歳程度の知能を 基準にしているそうです。   加害者が12歳以下なら、親が賠償金の支払う可能性が高いですが、それ以上の子どもの場合は 相手の親に賠償金請求をすることは困難になります。  
5,損害賠償金・示談・慰謝料・過失割合ンポ計算ができない
お互い専門知識がないため示談金や慰謝料の計算ができないという問題があります。   相手が支払いに応じてくれても具体的にいくら賠償金を支払ってもらうのかが問題です。 賠償金の計算方法は、専門的な要素もあり素人にとっては複雑で難しいと感じていることが多いです。  
今回の記事は  吉村 でした(^^♪
福岡市南区で骨盤矯正が得意な養命堂整骨院
福岡市南区でむち打ち治療が受けられる整骨院
       

福岡市南区整骨院 自転車と歩行者の交通事故治療の問題点 ①

2017年07月22日

福岡市南区で、交通事故治療・むち打ち治療・術後のリハビリをしております、養命堂整骨院です。
  今日は自転車と歩行者の事故についてです。   第二回については、下の文章をクリック!! 福岡市南区整骨院 自転車と歩行者の交通事故治療の問題点 ②   自転車と歩行者の事故の場合、後遺障害が残るほどのケースや死亡事故のケースもあります。   双方の事故ではお互い保険に加入していなかったり、問題点について解説していきます。  
1,加害者(自転車)も自分(歩行者)も保険に加入していないことが多い
自動車が相手の場合、通常相手は自動車保険に加入しています。多くの場合には任意保険に加入していますし、自賠責保険への加入は義務づけられています。   なので、自動車が相手の場合、自賠責保険からの保険金については受け取ることができ、多くのケースで、相手の任意保険会社から賠償金を受け取ることができます。   最近では、自転車事故の危険性も認識されるようになってきており、徐々に自転車保険の加入件数も増加傾向にあります。ただ、自動車と比べるとまだまだ未加入率がとても高く自転車が相手の事故は、相手が保険に加入していないことによるリスクが大きいので注意が必要です。  
2,相手に資力がない
自転車保険に加入していない人が多いので、被害者(歩行者)になった場合は、相手に直接賠償金を請求するしかないのですが、相手にお金がない場合は支払いを受けられないことになってしまいます。  
3,示談交渉ができない
自転車事故では、相手自身が重大に捉えていないことが多く、被害者が賠償金支払いを求めても無視されるケースがあります。 このような事故の場合、法律的な知識がないので、どうのようにして示談をすすめていけばいいのかわからないこともあります。 相手が自転車の場合には、示談交渉が難しくなることも多いので、注意が必要です。   続きはまた今度・・・  
今回の記事は吉村でした(^^♪
福岡市南区で交通事故治療が得意な養命堂整骨院
福岡市南区でむち打ち治療が受けられる整骨院
     
1 2 3 4 5 6 7 8

アクセス │福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

あなたを決して見放しません!事故にあった方の最後の駆け込み寺!福岡市(南区・城南区)の養命堂整骨院

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

交通事故治療の方は夜20時まで診療しています!!

福岡県福岡市南区西長住1丁目11-5 駐車場5台完備

0120548989

メールでのご相談はコチラから

当院へのアクセスの詳細はこちら

トップへもどる